Hair Removal

医療脱毛

レオクリニック TOP 医療脱毛

よくあるご質問

FAQ

Q.01

レオクリニックは、エステ脱毛と医療脱毛のどちらですか?

A

レオクリニックは、厚生省から薬事承認を受けた医療レーザ脱毛機Gentlelaseで脱毛を行う「医療脱毛クリニック」です。エステ脱毛では提供できない「永久脱毛」「麻酔による痛み緩和」「万一の副作用の手当」を提供致しております。エステで使われる光脱毛やSHR方式ではありません。

Q.02

痛みはありますか?

A

人によって痛みの感じ方は異なるので一概には言えませんが、ヒゲ、ワキ、 VIO等の毛質が太く濃い部分は痛みを感じやすいようです。 レオクリニックでは痛みを感じやすい方のために麻酔を用意してありますし、照射のスピードや強度を調整し、痛みのケアを行いながら施術致しますので、ご安心下さい。痛みに対して不安をお持ちの方のために、「無料脱毛体験」をご用意してあります。お気軽に無料カウンセリングをお申込み頂き、実際に無料脱毛体験で痛みがあるのかご確認下さい。

Q.03

照射する看護師は男性ですか?女性ですか?

A

レオクリニックには、男性と女性の看護師が在籍しており、可能な限り患者様のご希望にお応えしたいと考えていますが、日程によってはお応えできない場合もあります。 施術未経験時には「恥ずかしさ」から来る性別の希望をお持ちの方も多いですが、(男女問わず)看護師によるプロの施術を一度経験された患者様は、性別選択希望がなくなるケースも多いです。

Q.04

どのくらいのペースで通えばよいですか?

A

通常は1〜2ヶ月に1回程度のペースでお通い頂いております。お客さまの毛質や脱毛状況、脱毛部位にあわせて最適なタイミングを医師・看護師が提案させて頂きます。

Q.05

どんな周期で施術を受けるのが最適ですか?

A

部位にもよりますが、1〜3ヶ月程度の間隔をあけて施術するのが適切とされています。お身体の場合、平均5、6回の照射で全体の毛量を減らしてつるつるな状態にすることが可能です。適切な施術タイミング、回数については患者様のお身体、プランに合わせて当院がしっかりとご案内いたします。

Q.06

分割払いは可能ですか?

A

はい、可能です。最大60回払いまでの医療ローンをご準備しております。詳しくはお問い合わせ下さい。

Q.07

コースの途中解約はできますか?

A

ご利用期間中の途中解約は可能です。解約時の返金に関してはお問い合わせください。

Q.08

何回でツルツルになりますか?

A

脱毛治療の回数は元々の毛の濃さ、脱毛する場所、肌の色、痛みの感じ方などによって大きく変わります。もちろん個人差もあります。 例えば髭を例にあげると頬の部分などは5回程度で生えなくなる方も多いですが、顎の部分は10回程度はかかることが多いです。

Q.09

脱毛中レーザーの副反応が生じてしまったら治療を受けられますか?

A

火傷や毛嚢炎が生じたときはご案内にしたがってクリニックへご連絡をお願いします。 これらの症状が出た場合、治療せずに時間がたってしまうと治るまでの時間が長くなったりその後の脱毛に支障が出てしまうことがあるのでご注意ください。

Q.10

敏感肌、乾燥肌でも脱毛はできますか?

A

基本的には敏感肌や乾燥肌の方でも脱毛を受けることは可能です。しかしお肌の状態によっては一部照射できなかったりする場合もあります。まずは、当クリニックの無料のカウンセリングで医師に相談されることをおすすめします。

Q.11

ニキビができやすいのですが脱毛できますか?

A

炎症性のニキビ(いわゆる赤ニキビや黄ニキビ)がある部分はレーザーを当てられませんがそれ以外の場所は当てられます。 治療の時にニキビができないようにアドバイスも行います。また当クリニックで利用しているアレキサンドライトレーザーはニキビができにくくなる・いわゆる美肌効果があるとも言われています。

Q.12

シミ・ほくろがあるのですが脱毛できますか?

A

シミやあざがある部分は色の濃さによってはレーザーを当てられない場合があります。 また色が薄いシミや小さいほくろはレーザーを当てられますが色が変わったり(一時的に濃くなりその後薄くなることが多い)形が変わる(小さくなる)こともあります。もちろん色も形も変わらないこともあります。

Q.13

Tatooがありますが脱毛できますか?

A

Tatooの部分はレーザーによって色が変わったり火傷をしてしまう恐れが高いのでその部分は避けてレーザーを当てることになります。

Q.14

アトピー性皮膚炎ですが脱毛できますか?

A

皮膚炎の症状(痒み・乾燥)が強くできているときはレーザーを当てられません。また色素沈着が濃く残っているところもレーザーを当てると火傷してしまったり色素沈着が濃くなってしまうこともある為避けたり出力を下げることがあります。 しかし症状が落ち着いていれば問題なくレーザーが当てられます。 また最近ではアレキサンドライトレーザーを当てることによって痒みが起きにくくなるという報告もあります。

Q.15

ヘルペス持ちですが脱毛できますか?

A

ヘルペスの水泡ができている時はレーザーは当てられません。レーザーの刺激で悪化してしまうこともある為、症状がある時は部位によらず治療は避けて頂きます。もちろん症状がない時には問題ありません。

Q.16

地黒ですが脱毛できますか?

A

レーザーが全く当てられない程肌が黒い方は少ないです。但し火傷のリスクが増すことと、1回ごとの治療効果が少なくなる場合がある(レーザーの照射出力を肌が白い方と同じ程度には上げられない為)ことにご注意下さい。

Q.17

薬を飲んでいますが脱毛できますか?

A

光線過敏を引き起こす薬の場合、レーザーが予想以上に効いてしまい赤みが続く・火傷してしまう恐れがあります。脱毛期間中に病院で薬の処方を受ける時は主治医にご確認頂きますようお願い致します。

Q.18

日焼けしていますが脱毛できますか?

A

日焼けで肌が濃い色になっている場合、肌の色によっては脱毛できない場合があります。 また日焼け後の肌の赤みが残っている場合はレーザーを当てられません。火傷になってしまう恐れが非常に高く危険です。またレーザーを当ててから2週間以内に日焼けすると色素沈着が生じることもあります。

Q.19

医療脱毛の仕組みを教えて下さい

A

医療脱毛とはどのようにして毛根部を壊し、脱毛を行うのでしょうか。当院含め、医療機関の行う医療脱毛とは医療用レーザーを用いた「医療レーザー脱毛」のことを意味します。黒い色素に反応し熱を発生させるレーザーにより、毛根部分にピンポイントに熱を与え破壊します。色素の黒い毛にレーザーが反応し、毛を伝って皮膚の奥の毛根に熱を与える事が 可能なのです。肌色の皮膚には反応しないため安全に処置を行えるのです。毛根組織が壊された毛穴からはもう毛が生えてくることはありません。

Q.20

何故1回で終わらないのですか?

A

毛は生えて抜けて、生えて抜けてと、1つの毛穴で成長と脱毛を繰り返しています。これをヘアサイクル(毛周期)と呼びます。ヘアサイクルには成長期、退行期、休止期があります。成長期に毛根部から毛が生えて、しっかりとした太い毛に成長します。この時期の毛にレーザーを照射すると、毛根部を壊すことができます。このような毛は全体の1〜2割程度です。退行期になると、毛は毛根から離れて抜けかかった状態になります。この時点では外から見ると毛はまだ皮膚から生えていますし、引っ張っても簡単には抜けません。しかし、毛根から毛が離れているのでレーザーを照射しても毛根の組織に熱が伝わらず壊すことができません。休止期に入り、毛は自然に脱毛します。当然、休止期の毛穴にレーザーを照射しても、毛が無いので熱は伝わりません。 このような各時期の毛が、身体にばらばらに存在しているので、一度全体にレーザーを照射しても、毛根を壊して永久脱毛の効果を得られる毛穴と、毛根を壊せず効果の得られない毛穴が出てくるのです。全ての毛穴に対して永久脱毛を行うためには、退行期や休止期の毛が成長期に入るまで待ち、しっかりとした黒い毛に育ったところで再度照射を行い、また次の毛が成長するのを待つ、というように繰り返し照射を行う必要があるのです。

Q.21

どんな周期で施術を受けるのが最適ですか?

A

部位にもよりますが、1〜3ヶ月程度の間隔をあけて施術するのが適切とされています。お身体の場合、平均5、6回の照射で全体の毛量を減らしてつるつるな状態にすることが可能です。適切な施術タイミング、回数については患者様のお身体、プランに合わせて当院がしっかりとご案内いたします。

Reservation

お電話とウェブサイトで
ご予約を承っております

tel:03-6809-0563

受付時間 : 11:00 〜 20:00
(日曜・祝日は、11:00 〜 19:00)
休診日・定休日 : 年末年始 / 水・金

Web予約

Access

〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿⻄2丁目2-8
寿豊ビル3階
恵比寿駅⻄口徒歩3分

詳しくはこちら

Daily

診察時間 11:00 〜 20:00
(日曜・祝日は、11:00 〜 19:00)

※休診日  年末年始 / 水・金

診察時間 11:00 〜 20:00
(日曜・祝日は、11:00 〜 19:00)

※休診日 年末年始 / 水・金