抜け毛がひどいのはなぜ?原因と対処法を徹底解説

抜け毛がひどい

薄毛に関する意識調査で、薄毛が気になりだした年齢は男性で38.4歳、女性で41.8歳とわかっています。(参照

抜け毛の原因は季節的な影響から生活習慣の乱れ、AGAによる病気などさまざまな要因から生じます。

抜け毛がひどいと髪の毛が減っていくように感じられ、不安になることが多いでしょう。薄毛の進行を防ぐためにも頭皮環境を整えて十分な対策をとることが大切です。

この記事では、抜け毛が増えてきた原因と適切な対策や治療ついて詳しく解説します。30代〜40代で抜け毛が気になる方は、毛根が死滅して薄毛になる前に対策する必要があります。ボリュームのある理想の髪型を守っていきましょう。

この記事でわかること
抜け毛が増える時期とは

抜け毛がひどい原因はストレスや季節の変化、病気などさまざま

抜け毛がひどいからといって、必ずしも体に異常があるわけではありません。

ヘアケアのやり方が悪かったり、季節の変わり目だったり、体調不良が影響していたりと、抜け毛が増える原因は生活の中に数多くあります。

抜け毛がひどい原因
  • 季節要因
  • ストレス
  • 過度なダイエット
  • 生活習慣の乱れ
  • AGAなどの脱毛症状

何の異常もない健康な人でも髪の毛は自然に抜け落ち、その量はときによって変化するものです。

抜け毛がひどい原因は、1つだけではなく複数の要因が重なっていることも多いため、これといった原因がないことも珍しくありません。

ただし病的な抜け毛や頭皮の異常によって抜け毛がひどくなっている場合もあります。

この場合は抜け毛に決まった特徴が見られるので、髪の毛の状態や頭皮を詳しく観察して判断しましょう。

異常な抜け毛の見分け方

抜け毛や頭皮の状態を確認することで、自然な抜け毛か毛髪の成長サイクルに異常が起こっているのかを見分けられます。

ご紹介しているのはあくまで簡易的な判断方法です。

きちんとした診断をしたい場合や抜け毛原因を詳しく調べたい方は、皮膚科やAGAクリニックに相談しましょう。

抜け毛が1日200本以上ある

抜け毛がひどいと言われる本数は、1日200本以上の毛が抜けることです。

ただし抜け毛の増加が夏から秋頃だった場合は季節要因である可能性が高く、この時点では必ずしも異常な抜け毛とはいえません。

また抜け毛の本数は正確に数えられないので、本数はあくまで目安です。

本数以外には日常の感覚的なもので判断します。

こんな場合は注意
  • 季節に関係なく抜け毛が多い
  • だんだん抜け毛が増えている
  • ブラシに残る明らかに多くなった
  • 家族と比べて多く毛が抜けている
  • 枕に毛がたくさん付着している

夜しっかりとブラッシングしてから寝ているのに、枕に抜け毛が多くついているのは抜け毛が多くなっている証です。

髪をとかした後にブラシにつく抜け毛の量が増えてきている場合も、抜け毛がひどくなっている可能性が高くなります。

長く毛が多く抜ける状態が続いているときは、毛髪サイクルの乱れを疑いましょう。

毛根が小さかったり尖ったりしている

健康的な脱毛では、抜けた毛の毛根部分が膨らんでおり、毛先とは明らかに区別できます。

しかし毛髪サイクルに異常が起こったときは、毛根が萎縮していたり、歪んでいたりして毛先と区別しにくくなっていることがあります。

毛根の異常
  • 毛根が小さい
  • 毛根の形がいびつ
  • 毛根が尖っている
  • 毛根鞘(もうこんしょう)がない

普通の抜け毛では、毛根部分に毛根鞘という薄い半透明の膜のようなものがついています。

これは頭皮と毛を結びつけるための組織で、髪の成長が極端に短縮した場合、毛根鞘がない抜け毛が多くなります。

毛根の形は比較的見分けやすいので、抜けた毛の中に毛根の形状が悪いものがないか観察してみましょう。

抜け毛が短かったり色が薄くなったりしている

抜けた毛の中に色が薄く細い弱々しい毛が混じっている場合は、気をつけた方がいいサインです。

産毛のような短い毛が混じっているのも、ヘアサイクルの乱れで成長途中で抜けてしまった可能性があります。

色素の薄い細い毛や弱々しい毛が増えることを「軟毛化」といい、男性のAGAや女性のびまん性脱毛の大きな特徴です。

逆に太くしっかりした抜け毛がほとんどで、弱々しい毛が見られない場合は休止期脱毛の疑いがあります。

抜け毛が増えたときは、抜けた毛の太さや長さにも気をつけてみてください。

頭皮がベタついたり乾燥したりしている

頭皮環境の悪化が原因で抜け毛が増えることもあるので、頭皮に以上がないかもチェックしましょう。

頭皮環境の悪化
  • 頭皮に傷や炎症がある
  • 皮脂の分泌が多い
  • 頭皮が乾燥している

頭皮の環境が悪化するとフケやかゆみが出ることも多いです。

とくに夏場は汗で頭皮が蒸れることによって雑菌が繁殖しやすくなり、抜け毛が増えることもあります。

男性の場合はストレスなどで男性ホルモンの分泌が多くなると、皮脂の分泌が盛んになり頭皮がベタついて髪の成長を妨げて抜け毛が増えます。

抜け毛とともに、頭皮のベタつきがないか、フケが増えていないか、頭皮のかゆみが気になって髪をかきむしって頭皮を傷つけていないかもチェックしましょう。

抜け毛を悪化させる8つの原因

抜け毛がひどくなったり、抜け毛を悪化させる原因は主に8つあります。

どれか1つだけが原因ではなく、複数の原因が複雑に絡み合って抜け毛がひどくなっていることもあります。

加齢による毛根の老化が毛髪の成長を妨げる

抜け毛の増加は加齢によって起こることがあります。

加齢で抜け毛がひどくなる理由
  • 成長期の毛髪の割合が減る
  • 毛の成長速度が遅くなる
  • 頭皮の老化
  • 女性ホルモン量の低下

加齢による抜け毛は、毛根の老化により成長期の毛髪の割合が減ってしまうことが大きな理由です。

髪の成長の勢いも弱り、成長速度が遅く細い毛が増えるので、地肌が透けやすくなります。

加齢によって頭皮がかたくなり、血行が悪くなって髪の成長に必要な栄養素が届きにくくなることも抜け毛がひどくなる要因です。

また加齢による女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量低下も毛髪の成長サイクルを縮めます。

とくに女性の場合は、女性ホルモンが減少することで相対的に男性ホルモンが優位になり頭頂部やつむじ部分の毛が薄くなります。

男性にも少量ながら女性ホルモンが分泌されており、毛髪周期の制御に関わる重要なホルモンです。

そのため加齢による女性ホルモンの減少は男性の薄毛にも影響します。

頭皮ケアを怠り雑菌が増えて抜け毛が増える

頭皮環境が悪化すると、抜け毛がひどくなることがあります。

頭皮環境が悪化する要因
  • 皮脂分泌が多く細菌が繁殖しやすい
  • 血行が悪くなり頭皮が固くなる
  • ホルモンバランスの乱れ

頭皮は体の中でも皮脂腺が多く、頭皮ケアを怠ると細菌が繁殖してかゆみや炎症を引き起こします。

またストレスなどによって頭部の筋肉がこわばり血行不良を起こすことによって、頭皮が固くなります。

必要な栄養が届かないため髪が成長しにくくなり、細い毛が増えたり早い段階で成長を止める髪が増えるのです。

ホルモンバランスの乱れも頭皮に悪影響を及ぼします。

ホルモンバランスが乱れると頭皮の皮脂分泌が多くなり、頭皮のベタつきや毛穴のつまりを引き起こします。

このような頭皮環境の悪化で抜け毛がひどくなるのです。

睡眠不足や運動不足で抜け毛が増える

不健康な生活習慣は抜け毛や薄毛を助長することが知られています。

抜け毛がひどい人によくある生活習慣
  • デスクワークでの眼精疲労や肩こり
  • 睡眠不足
  • 偏った食生活
  • 運動不足

デスクワーク中心で肩こりや眼精疲労があると頭皮の血行不良を招きます。

睡眠不足になると、髪の成長を促す成長ホルモンが十分に分泌されないため、毛髪の成長が妨げられます。

偏った食生活、とくに脂っこい食事が多く、脂質が過剰になっている場合は注意が必要です。

脂質が多い食事が続くと皮脂の分泌が増え、髪や頭皮のベタつきがひどくなります。

さらにたんぱく質やビタミン・ミネラル不足になると髪が成長できません。

抜け毛がひどいときは、日々の生活が疎かになっていないか振り返り、できるところから生活習慣を見直しましょう。

ストレスで自律神経が乱れて抜け毛が増える

ストレスが原因となるさまざまな体調不良が抜け毛がひどい原因となっていることがあります。

ストレスで抜け毛が増える理由
  • 自律神経の働きが悪くなる
  • ホルモンバランスが崩れる
  • 食欲不振や睡眠不足
  • 暴飲暴食やタバコの量が増える

ストレスが過剰にかかりイライラしていると、自律神経のうち交感神経が活発になります。

交感神経が強くなりすぎると、毛細血管が収縮したり、筋肉が長時間緊張し続けたりして、頭皮の血流が悪くなることも抜け毛がひどくなる原因です。

また過剰なストレスがかかると髪を成長させる毛乳頭の働きが鈍くなることがあります。

ストレスによって食欲不振になり毛髪の成長に必要な栄養素が不足することも。

逆に暴飲暴食で脂っこいものの食べすぎて頭皮の皮脂分泌が過剰になり、髪の成長を妨げることもあります。

ストレスから飲酒や喫煙が増えることも抜け毛を助長させます。

カラーリングやパーマで頭皮に負担がかかり抜け毛が増える

間違ったヘアケアや、カラーリングやパーマによって髪や頭皮に負担がかかっている場合も抜け毛がひどくなります。

間違ったヘアケア
  • 洗浄力の強すぎるシャンプー
  • 1日2回以上の洗髪
  • 爪をたててゴシゴシ洗う
  • 強すぎる頭皮マッサージ
  • すすぎ不十分
  • 髪を生乾きで放置
  • 育毛剤の使い方が自己流

頭皮を清潔に保つためにシャンプーでしっかりと皮脂や汚れを落とすことは大切です。

しかし必要な皮脂まで洗い流してしまうようなシャンプーや、洗髪のやり過ぎは頭皮を乾燥させて抜け毛を増やすことに繋がります。

育毛剤を使う場合も、使用方法が正しくないとかえって逆効果になります。

説明書をよく読んで正しいケアをしてください。

パーマやカラーリングは肌が弱い方にとって頭皮に大きな負担になり、抜け毛が増える原因になります。

パーマ剤は毛髪を薬剤で変化させるため、髪が弱っている場合は切れ毛・枝毛を増やしてダメージを助長させることもあります。

抜け毛がひどいと感じているときは、なるべく髪や頭皮の負担になりにくい手入れをしましょう。

紫外線により頭皮が老化し髪の毛の成長を妨げる

紫外線は間接的に抜け毛がひどくなる原因となります。

紫外線を浴びただけで抜け毛が増えることはありません。

しかし紫外線を浴び続けて頭皮がダメージを受けると毛髪の成長を妨げることになります。

紫外線がもたらす悪影響
  • 光老化
  • 日焼けによる炎症

紫外線は、紫外線を浴び続けた頭皮の細胞はそのダメージで老化し、皮膚が厚くゴワゴワします。

紫外線は毛乳頭細胞にも影響を与え、毛髪の主成分であるケラチンというタンパク質の合成を阻害します。

頭皮を紫外線から守るためには、頭にも使える日焼け止めスプレーを使用しましょう。

また外出の際に帽子や日傘を利用することも有効です。

30代〜40代以降に多い男性型脱毛症(AGA)により薄毛が進行する

AGAは進行性の脱毛症で、男性の抜け毛がひどい原因の多くを占めます。

抜け毛が徐々にひどくなり薄毛が進行している場合には、AGAを疑います。

AGAの特徴
  • 頭頂部や生え際など局所的な脱毛が起こる
  • 髪が細くなったり、弱々しい毛が増える
  • どんどん進行していく

AGAは男性ホルモンの1種であるテストステロンから合成されるジヒドロテストステロン(DHT)が毛髪に多く蓄積することで起こります。

40代以降の壮年期の男性に多く見られる脱毛症状ですが、近年は低年齢化が進んでおり、20代で約10%、30代で約20%の男性が薄毛に悩んでいます。

出典:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版,2023年2月17日閲読

特徴は生え際やつむじなど頭の一部に抜け毛や薄毛が見られることと、髪の毛が細く弱々しくなることです。

抜け毛がひどいだけでなく、抜けた毛が産毛のように細くなっていたらAGAの可能性が高まります。

AGAは遺伝的な要素も大きく、進行性の抜け毛であり、通常のヘアケアでは抜け毛や薄毛が治りません。

AGAの進行を遅らせて薄毛を予防するためには、AGAクリニックを受診してプロペシアやミノキシジルなどの治療薬を使用する必要があります。

自分の薄毛がAGAかどうか気になる方は、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

AGAとは

女性型脱毛症(FPLH)により薄毛が進行する

女性の場合は男性とは薄毛の原因が異なることが知られています。

FPLHの特徴
  • 頭頂部や分け目から薄毛になる
  • 細く弱い毛が増える
  • 髪の密度が徐々に低下する

もともと男性ホルモンの少ない女性の抜け毛は、男性ホルモンの影響で抜け毛になるAGAのようなことは起こりにくいとされます。

加齢による女性ホルモン量の低下や、ダイエットによる栄養不足などが引き金になりFPLHになることも珍しくありません。

抜け毛と併せて髪の毛が細く弱々しくなる軟毛化が起こるのもFPLHの特徴です。

これは毛髪の成長サイクルの乱れによるもので、成長途中の細く短い毛が成長を止めた証拠です。

抜け毛や薄毛になる部位にも特徴的な違いがあり、生え際の髪の毛は残りやすく、つむじや分け目、頭頂部から抜け毛が進行する傾向があります。

女性の薄毛については以下の記事で詳しく解説していますので、薄毛の原因や対策方法が知りたい方は参考にしてください。

女性 薄毛 原因

まだ間に合う!抜け毛がひどいときの5つの対策

抜け毛がひどいときにまず試してみたい対策方法をご紹介します。

睡眠や食生活などを改善し生活習慣を見直す

生活習慣がよくないと感じている方は、生活習慣を整えると抜け毛を解消できるかもしれません。

生活習慣の見直しには食生活や睡眠の改善などさまざまな要素が含まれますが、その中でも抜け毛予防に重要な5つのポイントをご紹介します。

5つの生活習慣の見直し
  • 睡眠の改善
  • 食生活の改善
  • 運動不足の解消
  • 禁煙・節煙
  • 禁酒・減酒

生活習慣の改善で一番重要なことは、良質な睡眠を取ることです。

健康的な睡眠を促すためには、寝る前に光度の高いスクリーンを見るのを避けたり、規則的な就寝・起床時間を設けるなどの習慣を身につけましょう。

髪の毛に必要な栄養素を摂取することは、抜け毛予防にとても重要です。

低脂質でたんぱく質の多い食事をとり、緑黄色野菜や果物、魚、豆類など、栄養バランスが良い食品を適度に摂取するように心がけます。

運動不足を解消することで、代謝が活発になり髪の成長や頭皮環境が改善されます。

自分に合った運動を選んで継続することが大切で、運動不足の場合は少しずつ運動量を増やしていくことが重要です。

喫煙は男性ホルモンの分泌を増やし、髪に悪影響を与えることが知られています。

禁煙は髪に良いだけでなく身体的にも経済的にもプラスになるため、この機会に禁煙を決断しましょう。

禁煙が難しい場合は1日の喫煙本数を決めるなど、節煙を試みることも重要です。

過度な飲酒も毛髪の成長に悪影響があります。

休肝日を設けたり、可能なら育毛のために思い切って禁酒してみるのもおすすめです。

有酸素運動や趣味などでストレスを発散する

ストレスが溜まりがちな人はストレスを溜めないようにすることで、薄毛予防に大きな効果を発揮します。

ストレス発散に効果的な方法の例
  • 有酸素運動をする
  • マインドフルネスをする
  • 趣味を楽しむ

有酸素運動はストレスを解消する効果的な方法です。

リズミカルな運動をすることで身体の緊張が和らいで、心身ともにリフレッシュすることができます。

ウォーキングやジョギング、サイクリングなど、自分に合った運動を見つけてストレス発散に取り入れてみましょう。

マインドフルネスはストレスや不安を軽減するための呼吸法です。

瞑想や深呼吸などを行い、自分の感覚や状態に意識を集中することでストレスを解消します。

ヨガなどをあわせて行うことで運動不足も解消できます。

読書、絵画、料理、旅行など、楽しめるものなら何でもいいので、自分に合った趣味を見つけてストレス解消に役立てましょう。

自分が興味を持つことに集中して取り組むことで気分がリフレッシュされ、ストレスを和らげることができます。

刺激の弱いシャンプーを使い頭皮マッサージをする

抜け毛を予防するためには、適切なヘアケアを行うことが重要です。

適度なヘアケア
  • 優しいシャンプー
  • 適度なドライヤー
  • 頭皮マッサージ

1日2回以上の過剰な洗髪や刺激の強いシャンプーで髪を洗うことは、頭皮や髪の毛に負担をかけて抜け毛を引き起こす原因となります。

シャンプー前によくブラッシングして、優しく指でマッサージするように洗髪しましょう。

使用するシャンプーは低刺激のものやスカルプシャンプーが適しています。

ドライヤーの過剰な使用は、髪の毛を傷めて抜け毛の原因となります。

ドライヤーは頭から離して熱くなりすぎないように注意し、髪の毛の根元から乾かすようにしましょう。

また髪が濡れているときにブラシで引っ張ると、髪を傷めることがあるため、ブラシは濡れた髪には使わないようにしてください。

シャンプー後に頭皮マッサージをすることも良いケアで、血行を促進して頭皮の状態を改善できます。

優しく指でマッサージすることで頭皮を刺激し、髪の毛の成長を促進することができます。

ただし強い力でマッサージすると逆効果になるため、爪を立てないようにして優しくマッサージしましょう。

適切なヘアケアを行うことで、抜け毛を予防することができます。

ケアを改善しても抜け毛が続く場合は、病気やストレスなどの原因がある場合があるため、専門医の診断を受けることも必要です。

育毛剤で頭皮環境を整える

育毛剤は直接髪を増やす効果はありませんが、頭皮環境を整え血行をよくすることで抜け毛がひどい状況を改善できます。

一般的な育毛剤の使用方法の例
  1. 頭皮を清潔にする
  2. 頭皮を乾かす
  3. 適量を使う
  4. 頭皮に直接塗布する
  5. 自然乾燥する

育毛剤を使用する前にシャンプーをして、汚れや余分な皮脂を取り除くことが重要です。

育毛剤を使用する前に頭皮をしっかりと乾かすことも重要で、ドライヤーを使って8割ぐらい乾かしましょう。

育毛剤は大量につけても効果が変わらないどころか、乾きにくくなって効果が落ちるなど逆効果になります。

使用する量は商品によって異なるため、育毛剤の説明書に従って調整しましょう。

育毛剤は髪をかき分けて、薄毛や抜け毛が気になる部位に直接つけます。

指の腹でやさしくマッサージしながら、頭皮全体に均等に塗布しましょう。

育毛剤を塗布したら、頭皮が乾くまで待ちます。

自然乾燥するまで待角が理想ですが、朝で急ぐ場合はドライヤーの冷風を遠くから当てて乾かします。

育毛剤の種類によって使用方法が異なる場合があるため、製品の指示に従うことが重要です。

また効果的な育毛剤の使用方法を知りたい場合は、専門家の意見や助言を受けることもおすすめします。

対策しても効果がなければAGAクリニックの治療を検討する

抜け毛がひどいことが気になる、自分なりに対策してみたけれど効果が実感できない場合はAGAクリニックに相談しましょう。

また抜け毛がひどい状態に不安を感じている方も、専門的なカウンセリングや診察を受けることで気持ちが楽になり、対策の道筋も見えてきます。

クリニックを検討したほうがいい人
  • 対策をしても抜け毛がひどいまま
  • 抜け毛が止まらず薄毛が進行していく
  • 抜け毛の悩みを誰かに相談したい
  • 抜け毛に対する正確な診断や治療をしたい

AGAクリニックでは、抜け毛に対する専門的な知識と経験を持った医師による診断と治療が提供されます。

抜け毛に対する正確なアドバイスが受けられて、1人で対策するよりも費用を抑えたり、治療期間の短縮が期待できます。

カウンセリングによるメンタル面のサポートも充実しているため、抜け毛がひどいことや外見の変化によるストレスも軽減できるでしょう。

AGAクリニックでは、抜け毛のひどさや薄毛の状態に合わせた適切な治療を提案してもらえます。

抜け毛や薄毛は早期の治療で効果を実感しやすくなるため、抜け毛が気になりだしたら早めにAGAクリニックに相談することをおすすめします。

おすすめのAGAクリニックは下記の記事でご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

AGA おすすめクリニック

抜け毛がひどいと感じたら要注意!早期の対策を

抜け毛がひどいときは「まだ大丈夫だろう」「時間が経てば治るかも」と放置せずに、適切な対策を取りましょう。

抜け毛がひどくなる要因
  • 加齢
  • 頭皮環境の悪化
  • 生活習慣の乱れ
  • ストレス
  • ヘアケアのやり方やカラーリング・パーマ
  • 紫外線
  • AGA(男性型脱毛症)
  • FPLH(女性型脱毛症)

生活習慣の改善などの対策をしても抜け毛の減少しない場合は、いつまでも悩んでいないで早期にAGAクリニックに相談することをおすすめします。